欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< スケートカナダ ペアSP&アイスダンスオリジナル | main | NHKがオリジナルダンスを放映しない >>

スケートカナダ ペアフリー&アイスダンスフリー

JUGEMテーマ:スポーツ


<ペアフリー>

ティファニー・ヴァイス/デレク・トレント アメリカ
曲はミュージカル「レ・ミゼラブル」衣装はトレントが白いシャツに茶色のベストと黒い紐みたいなタイ。ヴァイスが薄い茶色のドレスです。ちょっと西部劇チックかも。
スロウの四回転を持っているペアですが、今回は3回転にしてきました。全体として荒いところもありましたがミスはなく、綺麗な演技でした。

メーガン・デュハメル/クレイグ・ブンタン カナダ
曲は「トスカ」衣装はブンタンが黒の上下、デュハメルが紫のドレスです。
最初のソロジャンプでブンタンが転倒。シークエンスのソロジャンプにも乱れが見られました。なかなか思い通りには行かないようです。頑張ったのですが、スコアはヴァイス/トレント組を下回ってしまいました。

アナベル・ラングロワ/コディ・ヘイ カナダ
曲は映画「ドクトル・ジバゴ」衣装はヘイが青いジャケットに黒いズボン、ラングロワが白いドレス(可愛い)です。
ソロスピンの回転が綺麗にあっていました。スロウはちょっとやばかったのですがこらえてくれましたね。まずまずの演技だったと思います。

川口悠子/アレクサンダー・スミルノフロシア
曲は映画「ある愛の詩」衣装はスミルノフが灰色のぴったりした一体型、川口さんが薄いピンクのシンプルなドレス。ちょっとあっさりしすぎていて物足りないかも。
最初に大技のスロウ4サルコウに挑戦しましたが、大きく体勢を乱して片手をついてしまいました。残念。中盤のソロジャンプでも川口さんが転倒。とはいえ、もう一つのスロウジャンプでは必死でこらえ、リフトも頑張って拍手を貰っていました。
ミスはありましたが、意気込みは伝わってきました。この時点で得点は1位。表彰台決定。淡々と紹介をしていた実況も、この時だけは「表彰台決定です」と付け加えました。

ジェシカ・デュベ/ブライス・デイヴィソン カナダ
曲は「Blower's Daughter」衣装はデイヴィソンが縞のシャツに黒いベストとズボン、デュベが淡いピンクのドレスです。
最初のスロウは高さがある上に綺麗に決まって文句なかったのですが、次のスロウでは転倒してしまいました。勿体無い。ソロスピンはちょっとデイヴィソンが苦しそうでした。最後のリフトもやや危うかったように思います。とはいえ、スコアはこの時点で1位です。

アリオナ・サフチェンコ/ロビン・ソルコビー ドイツ
曲はシルク・ドゥ・ソレイユの「L'Oiseau」衣装はソルコビーが紫のグラデシャツに黒いズボン、サフチェンコが同色のドレスです。
最初のスロウがとてもいいですね。高いし飛距離も充分です。ですがソロジャンプでは両方ともミスが出てしまいました。相変わらず細かい工夫が多くてチャレンジャーなペアです。
演技の締めくくりがスロウジャンプというのは変わっていますね。面白いプログラムなので、今年も頑張ってほしいです。
そしてしっかり一位になりました。

優勝はサブソル、2位はデュベデイ、3位は川口さん達で、4位はランヘイという結果になりました。

<アイスダンス フリーダンス>
6分間練習の時にグレゴリー/ぺチュコフ組が転倒して負傷し、そのまま棄権することになってしまいました……残念です。あまりひどい怪我ではないといいのですが。

ユリア・ズロビナ/アレクセイ・シトゥコフ ロシア
曲は「パイレーツ・オブ・カリビアン」それにあわせて二人とも青い海賊っぽいデザインの衣装です。
色々と工夫はしているのですが、細かいとりこぼしが多かったように思います。ちょっと残念なスコアになってしまいました。

カロリーナ・ヘルマン/ダニエル・ヘルマン ドイツ
曲は昨シーズンと同じ「Diamonds are Forever」ジェームズ・ボンド映画の主題歌です。衣装は今シーズンはダニエルが黒上下、カロリーナが銀のラインの入った黒いドレス。お洒落です。
ボンドを意識したちょっとお洒落な雰囲気なプログラムですが、お兄さんのダニエルが昨年よりは大人になったものの、まだちょっと幼い感じなので物足りないですね。もう少し育ったらいい具合になるかも。

ケイトリン・ウィーヴァー/アンドリュー・ポジェ カナダ
曲は「Blues for Klook」衣装はポジェが黒の上下、ウィーヴァーが黒と青のドレスです。
万全のできとはいえませんが、なかなか良かったと思います。キスクラでは二人とも、お客さんに感謝の言葉を言っていました。

ネリ・ジガンシナ/アレクサンダー・ガシ ドイツ
曲は「ラ・ボエーム」……えーと、どのラ・ボエーム? ちょっとよくわかりません。現代っぽい曲です。
頑張っているのはわかるのですが、リフトの形がオリジナルダンスと全く同じで、見ていて少しワンパターンかなあと思ってしまいました。もっとバリエーションを増やした方が、いい印象を与えることができるのでは。スコアはさほど伸びず、カナダのペアの下に。

アリー・ハン=マッカーディ/マイケル・コレノ カナダ
曲はガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」衣装はこれのが青いシャツに縞のサスペンダーつきズボン、マッカーディが青いドレスです。
オリジナルダンスに引き続き、とても調子がいいようです。楽しそうにたくさん踊ってくれました。ミッドラインのステップ中には手拍子も聞こえてきました。地元のお客さんを沸かせることができて、きっと二人とも嬉しかったことでしょう。

エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリ・ソロヴィエフ 曲は「トッカータとフーガ」衣装はおそろいの銀の模様のある黒い衣装で、ケープのような薄い黒の布がついています。
まだまだ幼い感じですが、昨シーズンとくらべるとやはり大人っぽくなりましたね。色々頑張ってくれましたが、スコアはマクコレを抜くことはできませんでした。

ペルネル・キャロン/マシュー・ジョスト フランス
曲はショパンの「ノクターン」衣装はジョストが青い上着に黒のズボン、キャロンが白いドレスです。
リフトの姿勢がとても綺麗ですね。入り方もいいですし、トゥイズルも速いです。今シーズンのペシャブルの成績を考えると、フランスも3枠とれるかもしれないので、そうなったらここが滑ってくれるかもしれませんね。


アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ イタリア
曲はオペラ「椿姫」衣装はラノッテが白いシャツに黒いズボン、カッペリーニが赤いドレスです。
これは明らかに「椿姫」の物語を意識したプログラムですね(オペラは見てないんですが、原作を読んだことがあります)よくできていて関心しました。演技の方も文句なし。素晴らしかったです。

テッサ・ヴァーチュー/スコット・モイア カナダ
優勝候補。曲は「シェルブールの雨傘」衣装はモイアが青いシャツに黒いズボン、ヴァーチューが淡い水色のドレス(とても素敵なデザインです)
動きの一つ一つがとても軽やかでしなやかです。もともと上手だったのですが、二人とも本当によく動くし、難しい入り方のリフトを何でもないかのようにこらえていました。凄すぎる……これでまだ20と18ですよ。バンクーバーの時は表彰台に立ってるんじゃないですか。
演技後はスタオベと大歓声が。PBを更新して当然のように1位に。

優勝はヴァーモイ、2位はカペラノ、3位はキャロジョス、そして4位は大健闘のハンコレという結果に。凄いですねえこの若手の怒涛の勢いは。
フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/806
この記事に対するトラックバック