欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< デスパレートな妻たち 知られざる正体 | main | スケートカナダ ペアフリー&アイスダンスフリー >>

スケートカナダ ペアSP&アイスダンスオリジナル

JUGEMテーマ:スポーツ



ううう……日程間違えて憶えていて、スケカナのエキシビション取り損ねました(涙)すごく見たかったのに〜! 普通エキシビションっていったら最後に放映するものでしょ。テレ朝って本気で気が利かない。

さて、今回から解説すらなくなって、実況は選手が誰だか言うだけになりました。ジャンプの種類ぐらいは言って貰えた方がありがたいのですが、どーでもいいようなことを延々喋られるよりはこの方がましかも。

<ペアSP>
メーガン・デュハメル/クレイグ・ブンタン カナダ
ブンタンは昨シーズンは、ヴァレリー・マルクとペアを組んでいましたね。新たなパートナーとのデビュー戦? になるのかな。
曲は「Best Latin Tango」衣装はブンタンが黒の上着とサスペンダーつきの黒ズボン。デュハメルが赤いドレスです。
出来栄えとしてはまずまずかなあという感じです。大きなミスはありませんでしたし。組む相手がベテランだとやりやすいのかな?


ティファニー・ヴァイス/デレク・トレント アメリカ
曲は「Harem」衣装はトレントが藤色の上着に黒ズボン、ヴァイスが藤色のドレスです。
ジャンプが逆回転のペアなので、ソロジャンプはどれもミラーになります。ちょっと見にくいというか、あっているのかがわかりづらいですね(私だけか?)
悪くはないと思ったのですが、そんなにスコアが伸びませんでした。

川口悠子/アレクサンダー・スミルノフ ロシア
曲は「ロンド・カプリチオーソ」衣装はスミルノフが薄い茶色の上下、川口さんが薄い茶色のドレス。ぱっと見地味ですが、良く見るとなかなか優雅なデザインです。
川口さんって身体柔らかいな〜と改めて思いました。柔軟性を生かしたいいプログラムだったと思います。スミルノフの方も身体は柔らかい方らしく、ソロスピンでは両者ドーナツを披露していました。確かにとてもいいパートナーです。

アナベル・ラングロワ/コディ・ヘイ カナダ
曲は「Historia de un amor」衣装はヘイが黒の上下、ラングロワがピンクのドレスです。相変わらずラングロワ若く見えます。
スロウで膝をついてしまいましたね。リフトは凝っていて良かったし、サーキュラーの動きは面白くて見ごたえがありました。スピンの質がもっと良ければ良かったんですが。

ジェシカ・デュベ/ブライス・デイヴィソン カナダ
地元チャンピオンにしてスケートアメリカの覇者の登場に大歓声。曲は「ガリシア・フラメンコ」衣装はデイヴィソンが黒の上下、デュベが金の模様の入った黒いドレスです。
なんとなくですが、動きに風格が加わったような気がします。綺麗で素敵な演技でした。特にスピンが良かったです。

アリオナ・サフチェンコ/ロビン・ソルコビー ドイツ
曲はインド映画「アショーカ」どうも日本未公開のようです。アショーカ王を題材にした歴史映画とのこと。衣装はインドを意識してか、ソルコビーが白の上下、サフチェンコが青のビキニトップとロングパンツ。どちらも丸い模様が入ったエスニックなデザインです。
全体としては、変わったプログラムですね。まだまだ完成度は低いかなと感じました。きちんと仕上げてきたら、とてもいいものになりそうです(しかしこれ、映画は真面目な話らしいです)
キスクラでぬいぐるみを持っておどけるサフチェンコが可愛いです。当然ながらスコアは1位でした。
結果はサブソルが1位、デュベデイが2位、川口さん達が3位、ランヘイが4位です。


<アイスダンス・オリジナルダンス>

カロリーナ・ヘルマン/ダニエル・ヘルマン ドイツ
昨シーズンの世界ジュニアに出場した、ドイツの兄妹カップルです。しかし昨シーズンは、お兄ちゃんは金髪だったような……。
衣装はダニエルがピンクの上下に金色のベスト、カロリーナがリボン飾りのついたピンクのドレスです。曲はギリシャの民族音楽「Nasyvargyaszman, Dilyargyazman」「Sasasolie」
丁寧に滑っていて可愛らしいのですが、スピンなどはもうちょっとスピードがほしいかなと思いました。

ネリ・ジガンシナ/アレクサンダー・ガシ ドイツ
昨シーズンの世界選手権に出場してましたね。バイウル兄妹はどこ行っちゃったんだろう。曲はウクライナの「黒い眉と榛の瞳」「マルシア」衣装はガシが刺繍の入った白いシャツに青いズボン、紫のサッシュ、ジガンシナが白い袖の青緑のドレス、頭にはピンクのリボンと花の飾りをつけています。
途中のストレートラインのリフトが、よくある形なんですが、男性が片足になった上に両手を離していて「頑張っているなあ」と思いました(拍手が起きてました)なかなかいい演技だったと思います。

ケイトリン・ウィーヴァー/アンドリュー・ポジェ カナダ
こちらは昨シーズン、世界選手権と世界ジュニア選手権に出場していました。曲はロシアの「ウラジオストックへの道」衣装はポジェが白いシャツに刺繍の入った黒いベストと黒ズボン、ウィーヴぁーが白い袖のミニブラウスに黒いベスト、赤いスカートで赤いヘアバンドをしています。
動きは概ね揃っていて良かったんですが、トゥイズルの最中にポジェが足をついてしまっていました。雰囲気は華やかで良かったです。

アリー・ハン=マッカーディ/マイケル・コレノ カナダ
初めて見るカップル……と思ったんですが、2006年の世界ジュニアに出場していました。うわあ全然記憶に残ってないです(汗)グルンベルグ/ランド組やサミュエルソン/ベイツ組のことは憶えてるのに。
曲は「Log Driver's Waltz」カナダのカントリーミュージックです。衣装はコレノが赤いのチェックシャツにサスペンダーつきの黒いズボン。マッカーディが白いパフスリーブのレースブラウスにウェストにリボンがついた青いスカート。とても可愛いです。
このカップルの演技ですが、とても良かったです。軽快な音楽にあわせて軽やかに滑ってくれました。最後にマッカーディがコレノに抱きついてキスするのが凄く可愛かったです(キスクラではほっぺに思い切りついてましたね、口紅)
今後も要注目かも。カナダは3枠あるし、四大陸もあるし、またどこかで見たいです。

エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリ・ソロヴィエフ ロシア
昨シーズンの世界ジュニアチャンピオン。多分シニアデビューです。曲はデヴィホワも使ったロシア民謡の「カリンカ」衣装はソロヴィエフが刺繍入り白シャツに茶のズボンと赤いサッシュ、ボブロワが白に赤を重ねたドレスで、赤いリボンをしています。
ステップのところで、ちょっとソロヴィエフの方が先に行きすぎかなあと思えるところもありましたが、概ね初々しくて可愛いダンスで良かったです。

ユリア・ズロビナ/アレクセイ・シトゥコフ ロシア
初めて見るカップルです。曲はロシア民謡を選びました(ロシア多いですね。ハンガリーやポーランドを選ぶ選手というのも見たかったかも)衣装はシトゥコフが緑の上着に赤いズボンとサッシュ、ズロビナが白と赤のドレスです。
最初は、眠っているところから始まるようですね。ズロビナが目を覚ましてシトゥコフを起こします。スピンの後でストレートリフトに入ろうとしますが、ここでなんと両者ひっくり返ってしまいました。難しいことをやってレベルを取ろうとしたんでしょうが……これは厳しい。パニックになったのが、その後はしばらく動きがあっていませんでした。続くトゥイズルでもミスが。
うーん、とにかくリフトの転倒が全てを奪ってしまった、という感じですね……。コンパルソリーで5位という高順位につけて、返って動きが固くなっちゃったのかも。ガリガリ削られて気の毒なスコアでした。

ペルネル・キャロン/マシュー・ジョスト フランス
曲は「Degeneration」どうもカナダの音楽のようです。衣装はジョストが白いシャツに黒いズボン、赤いチェックのサッシュ、キャロンが白に赤チェックを重ねたドレスです。
トゥイズルでキャロンに小さなミスがありました。全体としてお洒落で可愛い雰囲気のプログラムです。
振り付けのところにデュブレイユとローソンの名がありました。あれ、もしかしてあの二人も引退しちゃったんですか? いずれはここも、マリパトみたいになるのかな。

メリッサ・グレゴリー/デニス・ペチュコフ アメリカ
曲は「Lord of the Dance」アイリッシュだそうです。でも衣装はアイリッシュというよりも、古代ローマか何かのそれに見えます……。ぺチュコフが黒っぽい戦士装束、グレゴリーが白と緑のひらひらしたドレスです。
目だったミスはなかったんですが、全体としてちょっと精彩を欠いたというか、前のに滑ったキャロン達の方が良かったなあと思ってしまいました。そしてスコアも、上の二人を抜くことができませんでした。この時点で2位です。

アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ イタリア
曲は「Bubamara」バルカンの曲だそうです。衣装はラノッテが赤と黒の上着に黒いズボン、カッペリーニが黒のトップスに赤いと緑の布が幾重にも重なったスカート。配色が凄いです。
去年よりもずっと演技がスピーディーになって、表現力もぐっとあがりましたね。とてもいい演技だったと思います。本当によく動くし。
キスクラでは二人ともはしゃいでいます。可愛いなあ。

テッサ・ヴァーチュー/スコット・モイア カナダ
地元の優勝候補の登場です。曲はロシア民謡「黒い瞳」衣装はもイ亜が黒いシャツに刺繍の入った黒いベストとズボン、ヴァーチューが青いブラウスに赤とオレンジのスカートです。うーん、もしかして背が伸びましたかね? テッサちゃんはまた綺麗になったなあ……。
最初の方のカーブのリフトが、ものすごい凝った入り方でびっくりしました。一年、また一年とどんどん凄くなりますね。動きもぴたっとあっているし、お客さん大興奮です。素晴らしい演技でした。

というわけで、1位はヴァーモイ、2位はカペラノ、3位はキャロジョスで、4位がグレペチュという結果になりました。
フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/805
この記事に対するトラックバック