欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< クローザー 死に至るウソ | main | スケートカナダ ペアSP&アイスダンスオリジナル >>

デスパレートな妻たち 知られざる正体

Desperate Housewives
Desperate Housewives
Original TV Soundtrack

「マクラスキーさんが、マーサ・フーバー化してる……」と即思った今週の冒頭。ウィステリア通りには、あの手の役を果たす人間が必要なんですかね? 大丈夫なのかなあ……何せ場所がこの「呪われたウィステリア通り」ですからねえ。正直、いつか死体となって埋まっているのが発見されるのでは、て思っちゃうんですよ。

スーザン。緊張した状態を一緒に過ごすと、人間は恋愛状態に陥りやすくなることは心理学でも言われています(ストックホルム症候群、リマ症候群も似たようなものですね)というわけでか、ジュリーとオースティンはいちゃつく仲になってました……。でもさあ、母親が出かけている先にリビングのソファで、ってのはどうかと思う。ついでに言うなら、16の女の子にセックスはまだ早いと思います。だって妊娠した時責任取れないわけだし、責任取れない人間がそういうことをやらかすのはよろしくないと思います。相手が「プラクティス」のシーズン1のフィナーレに登場した男の子みたいな人なら、まだ状況的にはましでしょうが、あれは絶滅危惧種だし、オースティンはあんなに人間できてません。大体、万引き偽装したのこいつじゃねえか。ジュリーがあまりひどい目にあわないうちに、そういう嘘つきには破滅してほしい。
スーザンはイーディーに文句を言いますが、イーディーは「あたしもよくないと思うけど、これは止めても止まらない」と言います。こういうのは、本当は男の側の保護者がしっかりすべきなんですよね。少なくとも「男の責任」については教えておかないといけないのですが、できてないバカ親の方が多いからなあ……って話がズレた。
スーザンはカールを呼び出して説教してもらおうとしますが、裏目に出て結局スーザンが叱られる羽目に。オースティンって変に小賢しい奴だなあ。
思うんですけどね、この件、スーザンが一人で対処していてもいい方向に転がるなんてありません。早急に誰かに相談すべきです。私がいいと思うのはガブリエルですね。彼女なら、何か効果的な手を思いつくかもしれません(いっそガブリエルにオースティンを誘惑して貰う、ってのも一つの手かも知んないけど、さすがにそこまではやってもらえないなあ)ジュリーが「リゴレット」のジルダみたいになってからじゃ遅いんだから。

ブリー。どーしてこう藪をつついて蛇を出したがるんでしょうねえ。クリスマスカードを作成するブリーですが、オーソンの母の入っている老人ホームの住所を知らないことに気づきました。オーソンは母については触れられたくない様子ですが、ブリーは「嫁としての勤めは完璧に」と考えているのか、重ねて尋ねます。オーソンもなあ……どうせなら「虐待されてたからあいたくない」とでも言っちゃえばいいのに。あ、でも、ブリーのことだから「なら私がわだかまりをとかねば!」って燃え上がっちゃうか。厄介だよなあこの手のタイプ。聞き出した老人ホームは意外と近くでした。行ってみたところ、母のグロリアはボケてなどいませんでした。ブリーはぎくしゃくしている親子の仲を仲裁しようと(いるよな、こういう人……相当な能力がないと問題こじれて終わるだけなんですが)グロリアを招いて夕食会を開きます。ところが、母を見たオーソンはカンカン。和やかなディナーどころか、血の雨が降りそうな雰囲気です。場を取り繕うとするブリーは笑っていいのか……。グロリアはオーソンを殺しても構わない、みたいなことを言います。心境としてはジェームズ・ヒューバティの嫁さんみたいな感じか?
オーソンは母を老人ホームへ送り返そうとしますが、隙をついてグロリアは車を奪い取り、消火栓に突っ込ませて老人ホームから追い出されるよう仕向けてしまいました。当分はブリーの家に転がり込むようです。
アンドリューは何だか妙に楽しそうでした。彼からすると、今の状況は悪くないのかもしれません。自分が何もしなくてもトラブルがどんどん起こって、右往左往する母親が見れるというのが。

リネット。入院していた病院から戻って来ました。ですが子供達には銃で撃たれたことは言っていません(ちなみに、ケイラはおばあちゃんの家(ノーラの母か?)のところに預けられているとかで、出てきませんでした。このままフェイドアウトしたらどうしよう)そういえば昔日本でも一家全滅殺人事件が起きた時、一番上の女の子だけが修学旅行か何かで難を逃れたのですが、戻って来たその子には「家族はみんな、交通事故で亡くなった」と告げられたそうです。
ところが世の中にはテレビというものがあり、被害者の名前はそこで連呼されます。おかげで帰宅したスカーボ家の子供三人は、リネットが銃で撃たれたことを知ってしまいました。上の二人ははしゃぐだけでしたが(まーあの子達だしね……)三男のパーカーだけは、出かけるとまた母親が撃たれるのではないかと心配し始め、べったりくっつくようになってしまいました。状況からすると割と当たり前のことです。
児童心理カウンセラーにでも相談したらいいんじゃないかなと思いますが(この番組に出るその手の人は、基本的に役に立たないか)リネットは助けてくれた隣家のアートに頼み、彼に正義のヒーローの振りをして貰います。
ところがその次の日、リネットがお礼に焼いてあげるといったケーキを持って隣家を訪ねると、ドアが開いていました。中にケーキだけを置こうとしますが、パーカーが地下室に入り込んでしまいます。そこには、山のような玩具と大量の裸の少年の写真が。えーっと、アートはどうやら小児性愛者のようです。……って、ヤバいじゃん! パーカー狙われそうです。慌ててパーカーを連れ出すリネット。
あの大量の玩具は子供を釣る為なんでしょうねえ……こういうのって人当たりのいい人が多いそうですね。そういやスティーヴン・キングの「IT」のモトネタになったジョン・ウェイン・ゲイシーも、地元じゃ成功者として知られていたそうだしなあ……。日本物だと、山岸涼子の「パイド・パイパー」なんてのがあったな。
それにしても、車椅子の妹ってのは存在するんでしょうか。家には全く人の気配なかったですが。病院に診察に連れていっている最中だったのかもしれないけど。

ガブリエル。先週の終わり方を見たらカルロスとやりなおすのかと思っていたんですが、離婚が成立してました。わけわからん。
ガールスカウトの女の子に話しているうちに触発され「そうだ、モデルに復帰しよう!」とニューヨークへ。かつてのエージェント、マルセラに再会し復帰したいと言い出します。マルセラは早速仕事をみつけてくれましたが、その役柄は若い売れっ子モデルの引き立て役。ガブリエルは怒ってしまいます。
いやでもさあ、女優や歌手ならまだしも、ガブリエルってモデルでしょ。十年も経過したら厳しいですよ。なのに本人だけがスター気取りで、見ていてかなり悲惨でした。笑っていいのかどうか……。しかしガブリエルって、グラビア以外の仕事できるんですかね。いや、別に変な意味じゃなくて、役をやっているエヴァ・ロンゴリアが小柄なので、前からその点がちょっと引っかかっていたんですよ。ステージモデルは高身長が条件の筈だし。
結局夢破れてウィステリア通りに戻ってくるガブリエルでしたが、そこで出会ったのがジョギング中のスーザン。彼女は無邪気にガブリエルに話しかけます。色々複雑なガブリエルでした。しかしであったのがスーザンで良かったんじゃないですかね。リネット、ブリーだったら気を使われてしまっただろうし、イーディーだったらトドメを刺しかねないです。空気読めないもん、彼女。そういやイーディーとガブリエルは殆ど絡みがないですね。収拾付かなくなるからだろうな。
やっぱりカルロスとより戻して事業、が、一番彼女の為になると思うけどなあ。使われる立場じゃなくて、使う立場になってみる、というのも一つの手だと思います。自分でモデル事務所やるとかさ。

イーディー。マイクが戻ってくることになったので、自宅を掃除し、ついでに証拠隠滅を図ってスーザンとの思い出の品を処分します。結局こすい手に出てるっつーことにはかわりない、というか、彼女にフェアな精神を求めることが間違ってますね。
しかしその事実をマクラスキーさんがしっかり掴んでいました。さりげなく脅され、芝刈り機を貸すイーディー。マクラスキーさん、そのうちに死体にならないといいけど。で、前にも書きましたが、証拠の品を捨てることはできても、ウィステリア通りに住んでる人達の記憶を書き換えるのは不可能なんですよね。なんでそんな単純な事実に気づかないんだろう。マイクが戻って来て他の人との接触が増えたらいずれバレるんですが。頭悪いなあ、もう。保身の為につく嘘は結局自分の首を絞めるだけなんじゃなかろうか。
さて、一方で警察ではモニークを殺した凶器がパイプレンチであることが判明。それもプロ使用で、一般家庭にはないものです。よってマイクが容疑者として浮上し、家宅捜索を受けることに。ところが、探しても道具箱がありません。商売道具だからある筈なのに。
警察が引き返すとマクラスキーさんがやってきて、道具箱を返して行きました。パイプレンチは洗った方がいいと付け加えて。なんであんたが持ってるんだ。まあ、十中八九、「必要に迫られてちょっと借りたけど、向こう入院中だからどうせ使わないし、そのまま置いておこう」ってなことでしょう。たいした理由があるとは思えません。なんで通報しないのかはわからんけど。不法侵入は司法取引して貰えそうだし。
さて、マイクはこの一件にどう関わっているんでしょうか。考えられるのはオーソンがモニーク殺しの犯人で、マイクはそうとは知らずにオーソンに不利になる何かを知ってしまった(それでオーソンが口封じをしようと車で轢いた)なんですが、だとすると歯を見てマイクに気づいた理由にならないんだよなあ。精神病院にいた女性も気になるし。
デスパレートな妻たち | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/804
この記事に対するトラックバック