欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< アグリー・ベティ 夢への第一歩 | main | デスパレートな妻たち 知られざる正体 >>

クローザー 死に至るウソ

Closer: Complete Seasons 1&2 (8pc) (Ws Sub Ac3)
Closer: Complete Seasons 1&2 (8pc) (Ws Sub Ac3)

ガブリエルとブレンダがカフェで昼食を取っています。お勧めはフレンチ・トースト。ガブリエルも「絶品です」と太鼓判を押す品(確かに美味しそう)なんですが、ブレンダが食べているのは味気ないダイエット食(多分)です。
ガブリエルは食事をしながらブレンダに、「最近ダニエルズとつきあっていて……」という話を始めます。何故か不快そうなブレンダ。嫉妬なのか(フリッツという存在がいるんだから、別にガブリエルに彼女ができてもいいような気がしますが)、それとも「いちいちそんなこと許可取らなくてもいいのに、どこまで真面目なんだ、こいつ」と思ってんのか、どっちだろう。
そこへホームレスっぽい男性が近づいてきて、外のゴミ箱に人間の頭が捨ててある、と言い出します。見てくるように言われ、嫌そうですが店を出て行くガブリエル。その隙にガブリエルのフレンチ・トーストをツマミ食いするブレンダ。何もそんなことせんでも、ガブリエルのことだから「一枚ちょうだい」と言えば素直にくれると思いますが……。というか、ツマミ食いなら一枚まるごと食べた方が行儀がいいんじゃないのか。案の定戻って来たガブリエルは、噛み跡の残るトーストを見て唖然。
さて、ゴミ箱には本当に人の頭が捨ててありました。巨大なゴミ箱に大分するブレンダ。生ゴミまみれになりますが、頭の他に両足もみつけることができました。ですがその後で、食べたものを戻してしまいます。まあ仕方ないか……。ホームレスの証言から、夕べは頭は入っていなかったことが判明しました。

本部に戻って捜査を開始するブレンダ達。そこへ被害者の顔を見たサンチェスが「見覚えがあるなあ」と言い出しました。ギャングか何かか? と思ったら俳優とのこと。ポルノ専門……サンチェスってもしかして、AV鑑賞が趣味? 相当見込んでないと顔までは覚えられないんじゃないかと思うんですよ。特に男優は(グレートサスケは別ね……ってあれは覆面か)それともこいつは加藤鷹クラスなのか?
一方、監察医からはこの男性がHIVポジティブであるということが判明します(ここで第一シーズンに出てきた救急隊員テレンスが再登場)

奥さんを訪ねると(彼女も元AV女優)、彼女は夫が何か逮捕されるようなことをしたのかと心配します。ブレンダは歯科記録を提出させるための書類にだけサインさせようとしますが、何があったのか感づかれてしまいました。主人じゃない、そもそもあの人がHIVの筈がない、だってちゃんと定期的に検査を受けているんだから、と言われてしまいました(そういやNip/Tuckでも、エイズ疑惑のクリスチャンがキンバーを訪ねた時「この業界では性病の定期検査は常識よ」みたいなことを言われてましたね)
鑑定の結果、やはり遺体はAV男優のクリス・マンディでした。ブレンダは会社を訪ねて、経営者の親子に「彼と出演した女性のリスト」を提出させます。その数200人以上……ちなみにマンディがAV王だったのは、薬(バイアグラ?)がなくても勃つからだそうな……。まあ、某所の洋ピン展覧会見てれば、病んだ業界だってのはわかりますな。

ブレンダは幼い子供を抱えた、クリスの妻アナリサに複雑そうな視線を向けています。このところ情緒不安定でしたが、それは「妊娠したかも」という懸念があったからでした。しかし検査の結果は陰性。うーん、40になったことを考えると、子供を持ちたいんだったら早い方がいいような気もしますが……。家庭を取るかキャリアを取るか、難しいからなあ。

さて、検査結果はネガティブなのに、本人はポジティブ。ということは、検査の為の血液が他人のものだ、ということに大抵はピンとくると思います(アメリカン・ビューティーでもやってましたね。あれは尿でしたが)しかし、会社ぐるみでエイズ感染を隠蔽していたとはなあ……世も末だ。
犯人は社長親子。なんと、クリスは自分自身がエイズだということをずっと知らずにいたのです。知った彼は激昂して監督のところに殴りこみ、そして監督が彼を殺してしまったのでした。ブレンダはたくみに二人を「自白させる」よう仕向け、両者をおそらくは有罪にできるだけのものは集めたようです。
彼女は言いました、これはクリスからエイズに感染させられた女性達への償いだと。償うべき対象には、クリスの妻アナリサも入っていました。そうですよね、こういう奴らが反省するかどうかはわかりませんが、絞れるだけ絞っておかないと。


今週のプロベンザ刑事
サンチェスが持って来たクリス・マンディの主演作(コレクションしてんじゃなかろうな)を皆と鑑賞しながら「ポルノは好かん。女優は感じてないし、男優は下手だ」とバッサリ。ひょっとして「エロメディアなんぞよりは実際にやるに限る!」という主義なんでしょうか。日本の萌え現象なんて見た日にゃあ「けっ」と言うのかもしれません(それはそれで見てみたいかも)
クローザー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/803
この記事に対するトラックバック