欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< エリック杯 男子フリー | main | アグリー・ベティ 夢への第一歩 >>

エリック杯 女子フリー

JUGEMテーマ:スポーツ


女子の放映は例によって真央ちゃん祭り。前の大会の演技の再放送はいらないってば……。んな暇があったらカナダのリュンを映してくれませんか?
別に真央ちゃんが悪いわけではないですし、彼女はこの重圧の中、本当によく耐えて頑張っていると思います。ええ、悪いのは全部こんなくそたわけた編成を行うテレビ局ですから。

澤田亜紀 日本
なんと最下位スタートとなってしまった亜紀ちゃん。今でもちょっと信じられないです。曲は茶色と濃茶のプリンセスラインのドレスで、素朴な感じ。曲はミュージカル「レ・ミゼラブル」
うーん、いつもの彼女の演技じゃないことは確かですね。最初に3連続のジャンプを決めましたが、コンビは二つしか入らなかったし、回転不足でダブルになったジャンプも目立ちました。ジャンプだけでなく、ストレートステップの動きも悪いです。コンビは二つだけだし……。
60台という信じられない低さのスコア。心配でなりません。年齢を考えると不調なシーズンにさしかかってしまったのかもしれませんが……あまり思いつめないでね。

ヴィクトリア・パフク ハンガリー
曲はアルビノーニの「アダージョ」衣装は青いドレスです。
彼女も3連続のジャンプを最初に持ってきていますね。中盤のコンビの回転がちょっと怪しかったですが、全体としては良いなと思いました。
PBを更新しました。

アシュリー・ワグナー アメリカ
曲は「タンゴ・ジェラシー」衣装は黒と赤のトップスに黒のスカート。
彼女はコンビの後続が、どれもループになるのが特徴です。丁寧に滑ってノーミスで演技を終えてくれました。演技後は盛大にびっくりして口を押さえています。よっぽど驚いたんだろうなあ。
PBを更新してとても嬉しそうでした。これできっちり3−3が飛べるようになると、本当に怖い存在になりそうですね。今シーズンはもしかしたら、シニアの世界選手権に出てくるかも(そういやコーエンはどうしたんだろう)

サラ・マイアー スイス
曲は日本のクラシック作曲家、新実徳英の楽曲です。衣装は裾に白いぼかしの入った青いドレス。
最初のフリップがステップアウトしてしまい、コンビになりません。続いてのルッツも飛べずに終わってしまいました。終盤の連続ジャンプでは転倒も。
スピンはどれも綺麗なんですけどねえ……演技後ちょっと難しい顔をしていました。

エレーナ・グレボワ エストニア
曲は「ピアノ協奏曲イ短調」衣装は青いドレスです。
うーん、SPでいいスコアが出すぎて緊張してしまったようです。最初からジャンプのミスが多く、更に中盤で2度の転倒が。終盤では二つスピンが続けるのですが、軸がかなり微妙なことになってしまっていました。集中力が切れてしまったのかもしれません。

キミー・マイズナー アメリカ
曲は「トゥーランドット」衣装は金のラインの入った赤いドレスです。
しっかり最初に3−3を決め、ルッツを決め、と頑張ってきたマイズナーですが、途中で突っかかったのかジャンプが飛べませんでした。頑張った次のループは転倒。とはいえそこからしっかり3連続コンビも決め、最後までしっかり滑りきりました。アメリカの選手の精神力はつくづく凄い。
フリーのスコアは抜かれてしまいましたが、僅差でワグナーをかわしてトップに。

浅田真央 日本
曲は「幻想即興曲」衣装はグレーのラインとぼかしが入った白のドレスです。
練習では決めることのできたトリプルアクセルに、今回は挑戦しました。ですがそこで派手に転倒。その後に飛んだSPでは失敗の3−3コンビはばっちり決めました。その後も頑張って滑り続け、ミスなく決めることができました。プレッシャーに耐えての最終滑走、よくやってくれました。

結果は真央ちゃんが優勝。2位がマイズナー、3位は初の表彰台のワグナー、4位はマイアーで、5位はPBを更新したカナダのリュンが入りました(つくづく映らなかったのが納得いかん)
フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/800
この記事に対するトラックバック