欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ヒーローズ 偽り | main | エリック杯 女子SP >>

エリック杯 男子SP

JUGEMテーマ:スポーツ


世界チャンピオンのジュベールの棄権により、一機に先行きのわからなくなってしまったエリック杯の男子シングル。さて、混乱を制するのは?

ソン・ガオ 中国
ベテランのガオ選手。衣装は赤いフリルのついた黒の上下で、曲は「ミッション・インポッシブル」です。
飛ぶ予定だったルッツが飛べずに終わってしまったのは痛いですね……。他はコンビのトーループがステップアウトになったぐらいしかミスはなかったんですが、演技後は元気がありませんでした。

ジェレミー・コロ フランス
この選手は初めて見ました。アフリカ系移民の選手です。曲はプリンスの「The Question of U」衣装は黄色い上着に黒いズボン、黒い手袋です。
アクセルでの転倒と、コンビの後続ジャンプがステップアウトになりました。スピンはまあまあかな。やや変わった終わり方でした。

スコット・スミス アメリカ
曲は「Night Train」衣装は薄い紫のシャツに紫のベストと縞のズボン、黄色のネクタイ。
大技のクワドサルコウに挑みましたが、あえなく転倒。ステップシークエンスはもうちょっと動きがほしかったなあ。ちょっと勿体無い感じのするプログラムでした。

中庭健介 日本
日米対抗の時と同じ「サラバンド」衣装も同じゆったりした青いシャツとズボンです。
四回転に挑むかも、と言われていましたが事前でルッツに変更してきました。残念ながらコンビがおてつきになってしまいましたが、全体としては悪くありません。特にサーキュラーステップの時はよく動いていたと思います。
しかし実況……ことあるごとに年齢を絶叫するのはやめーいっ!

ライアン・ブラッドリー アメリカ
白いシャツに黒いタイ、黒いズボンでの「ゴッドファーザー」
最初にコンビを持ってくる予定でしたが、ステップアウトでコンビになりませんでした。ですが最後のジャンプをコンビに変えて対策をしていました。こうして考えると、コンビは最初がいいのかもしれませんね。アクセルがダブルだったのがちょい残念かも。

セルゲイ・ヴォロノフ ロシア
曲は「ラフマニノフピアノ協奏曲第2番」衣装は赤いヴェルヴェットのシャツに黒いズボンです。
うーん、アクセルが高いですね。ステップやスピンもいいし、正統派でかっこいい。久々に乗っているヴォロノフを見たという感じです。PB更新おめでとう。

クリストファー・メイビー カナダ
曲は映画「スパルタカス」ということで、赤茶の時代っぽい衣装。
ジャンプの質に少し難がありました。全体としてそう悪い縁起ではないんですが、カナダ大会の方が良かったですね。

パトリック・チャン カナダ
カナダの伸び盛り。衣装は濃紺の肩掛け模様の入った青上下、曲は「女帝」
最後のルッツがシングルになりましたが、他はどれもとてもよかったです。それだけにあのミスが惜しまれるかも。最初のジャンプは両方とも綺麗だっただけになあ。

アルバン・プロベール フランス
肩にハンド君(だと思ったけど、マニキュアしてるんですよね。ハンドちゃん?)がしがみついた黒の衣装。曲は「アダムス・ファミリー」
ジャンプの質が例によってあまり良くないんですが、それでも決めてくる辺りはやっぱり凄いと思います。観客から応援をたくさん貰って楽しそうに滑ってくれました。やっぱり彼はこうでなくちゃ。

ケヴィン・ヴァンデルペレン ベルギー
胸に赤いハートをあしらった黒の衣装。曲はシルク・ドゥ・ソレイユの「エキゾチカ」
スピンがとても速くて綺麗で良かったです。ただアクセルが抜けてダブルになってしまったの残念でしたね。演技後はちょっと落ち込んだ表情を見せていました。

トマシュ・ヴェルネル チェコ
ジュベールがいなくなったことで、優勝候補になってしまったヴェルネル。昨シーズンの世界選手権で、きっと日本のファンも増えたことだろうと思います。
Django Reinhardtの曲。衣装は白い飾りのついた黒の上下です。
コンビがステップアウトが入ってシークエンス、しかも後続ジャンプは転倒です。続けて飛んだトリプルアクセルは綺麗でしたが、ルッツはパンクしてしまいました。世界選手権の時もそうでしたが、力みすぎちゃったのかも。
ステップやスピンは良いので勿体ないですね。かなり低いスコアでした。
画面が切り替わる時、観客席に応援団っぽい人達がいました。あの触手っぽいカチューシャは何なんだろう。

結果はプレオベールが1位、チャンが2位、ヴァンデルペレンが3位、ヴォロノフが4位、中庭君が5位、ヴェルネルは8位。とても意外な結果です。
フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/797
この記事に対するトラックバック