欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< デスパレートな妻たち 無慈悲な銃弾 | main | スケートアメリカ ペアフリー&アイスダンスフリー >>

スケートアメリカ ペアSP&アイスダンスオリジナル

JUGEMテーマ:スポーツ


ケーブルのテレ朝チャンネルで、スケートアメリカのペアとアイスダンスがようやく放映されました。遅いよ、全く。
ちなみにペアは解説なしで、実況だけがひたすら喋っていました。誰かいないんでしょうか、有香さんとか怜奈さんの元パートナーとか。

<ペアSP>
昨シーズンでベテランが多く抜けたせいか、殆どのペアが若手です。殆どというか、ベテランなのは中国のパン/トンだけですね。ジュニアからもマクラフリン/ブルーベイカーのような強いペアがあがって来ていますが。

ミーラン・トロンブリー/ロリアーノ・アイバラ アメリカ
今年の三月に結成したばかりのペアだそうです。女性のトロンブリーは顔からすると東アジアっぽい感じなんですが、ハーフか何かでしょうか。衣装はアイバラが黒の上下、トロンブリーが黒いタンクトップに赤いスカートです。曲は「マスク・オブ・ゾロ」
若いペアですがツイストとスロウサルコウはトリプルを決めてきました。ですがソロのダブルアクセルでトロンブリーが転倒。ソロスピンもかなり間隔が開いています。
ちょっと動きがまだぎごちない感じがしますが、まだまだ駆け出し(まあ、マクブルのようなペアも世の中にはいますが、あれは希少生物(違うって)だしなあ……)いずれは強くなることでしょう。

アマンダ・エヴォラ/マーク・レドウィグ アメリカ
昨シーズンの全米4位のペアなんですが、放映されなかったんですよね。なんでだろう。こちらの女性もカラードです。黒人と白人のハーフっぽい感じですね。曲は「Stray Cat Strut」衣装はレドウィングがピンクのラインの黒いシャツ、エヴォラがピンクのトップスに黒いスカートで、髪をピンクのリボンで縛っています。
珍しくデススパイラルからスタートです。ここも若いペアながら、ツイストとスロウはしっかりトリプル。ですがスロウは転倒。ソロジャンプでも転倒が。うーん、全体としてちょっと「?」な感じだったんですが、スコアはPCSのおかげでトロアイの上を行きました。

ラウラ・マギッテリ/オンドレイ・ホタレック イタリア
イタリア若手ペア。衣装はホタレックが水色のシャツにグレーのズボン。マギッテリが水色のドレスです。曲はイタリア出身の作曲家モリコーネの「悲しみのアリス」
手を差し伸べるところからスタート。ここはツイストとスロウはまだダブルです。ソロジャンプではステップアウトがありました。ソロスピンは回転があってないかもなあ……。ステップは工夫しているのはわかりますが、いかんせんスピードが遅いような……。うーん、とはいえイタリアはペアの選手って他にはいないので、これからも国際大会に出場できるでしょう。頑張って上達してね。

ステイシー・ケンプ/デイヴィッド・キング イギリス
黒と赤の揃いの衣装で登場。なんだか昨シーズンのシュデク夫妻みたいだなあと思ったら、コーチのところに二人の名前が表示されてビックリ。コーチになったのか……ちょっと感慨深いです。現在は練習はポーランドで行っているそうです。曲は「フラメンコファンタジー」
ここもツイストがダブル。スロウはトリプルに挑みましたがステップアウト。ソロジャンプ(ダブルフリップ)の着氷も微妙な感じです。
とはいえ、終盤に関してはかなり動きが良くなったなと思いました。終わりがいいですね。
キスクラではマリウス氏が隣に座っていました。

ジェシカ・デュベ/ブライス・デイヴィソン カナダ
ここから後半グループです。まずは若きカナダチャンピオンの登場。曲は昨シーズンマイズナーが使っていた「ガリシア・フラメンコ」衣装はデイヴィソンが黒いシャツに黒のズボン、金のベルト。デュベが金の模様の入った黒いドレスです。
ツイストはダブルでしたが綺麗でした。ソロジャンプはデュベがステップアウト。スロウジャンプは3ループですがお手つき。ですがスピン、ステップ、リフトはとても綺麗です。最後のペアスピンを決めて拍手を貰っていました。つなぎ目がスムーズで良かったなという感じ。

ヴェラ・バザロワ/ユーリ・ラリオノフ ロシア
昨シーズンの世界ジュニアの銀メダリストです。衣装はラリオノフが淡い緑のシャツに黒い上着とズボン、バザロワが淡い緑のドレスです。曲は映画「ある愛の詩」
ツイスト、スロウはしっかりトリプル。ソロジャンプも3Tで、しっかり飛んでいます。スピンもリフトも綺麗だし、言うことありません。きっちり決めるところは決めてスコアを稼いでいます。ううむ、やるな。
なんとなーくですが、実況に気に入られたようです。

クィン・パン/ジャン・トン 中国
優勝候補の登場です。何故か急に饒舌になる実況。今まで随分静かだなと思っていたんですが、どうも「良く知らない選手なので気が抜けていた」みたいです(←あくまで推測ね、推測)
曲は昨シーズンと同じ「O Doux Printemps d' Autrefois」衣装も同じ白と青の衣装です。
最初のソロジャンプでトンが着氷をミスってしまいました。スロウはトリプルですがツイストがダブルになっています。高く飛ばす辺りはさすが中国ペアという感じなのですが。全体として動きが鈍いというか、元気がないなと思ってしまいました。大丈夫かな。

結果はデュベ/デイヴィソンが1位、パン/トンが2位、バザロワ/ラリオノフが3位、エヴォラ/レドウィグが4位です。


<アイスダンス オリジナルダンス>
続いてはアイスダンスのオリジナルダンス。解説は宮本さんです。今シーズンのテーマはなんと「民族舞踊」ちなみに国はどこの国でもOKで、自国でないと駄目とかそういうことはありません(自国じゃないと駄目だったら、日本や中国が困ってしまう)そのせいか、とっても多彩なダンスが繰り広げられていて、見ていてすごく楽しかったです。いいな〜、このテーマ。
そして今年からルールが変更になり、女性のパンツの着用や帽子を被ることがOKになりました。フェイスペイント、小道具の使用も認められます(ただし氷上に落とすと減点)これはいい方に変わったという感じですね。

シャオヤン・ユウ/チェン・ワン 中国
中国の2番手ペアです。衣装はワンが薄いピンクのシャツに茶色のベストとズボン、ユウがピンクのドレス(可愛い)曲は「Hava Nagila」ユダヤのフォークミュージックです。
ステップは概ね揃っているのですが、もうちょっとスピードがあるといいなと思いました。終盤のステップは解説に「構成があまりよくない」と指摘されていました。

キャシー・リード/クリス・リード 日本
日本期待の若手の登場です。衣装は金の模様の入った白い時代衣装っぽいもので、とっても素敵なデザインです。曲はギリシャの楽曲「Zorba the Greek」
うーん、ちょっと動きが良くないかな? エッジの音がやや大きく聞こえてしまいました。とはいえ、とっても素敵なダンスです。まだのびしろがたくさんありそうなので、NHK杯に期待ですね。解説では「手を鳴らすところがギリシャのダンスという感じでいいですね」と褒められていました。

エカテリーナ・ルブレワ/イワン・シェフェル ロシア
昨シーズンのユーロに出ていたのですが、確か映っていませんでした。曲はウクライナの音楽「Gopak」衣装はシェフェルが刺繍の入った白いシャツに青いズボン、赤いサッシュに黒のブーツ、ルブレワが刺繍の入った白いブラウスに青いスカートに赤いブーツで、花飾りがたくさんついた帽子を被っています。民族衣装ですね。可愛いなあ……。
とても可愛らしく踊っていてくれたのですが、途中でシェフェルが引っ張られるような形で転倒。衣装のサッシュが外れて氷上に落ちてしまいました。その後すぐスピンに入ったのですが、サッシュが気になったのかちょっと回りにくそうでした。
キスクラでは暗い表情です。転倒と落としたことで2点の減点ですが、リード姉弟の上を行きました。

アレクサンドラ・ザレツキー/ロマン・ザレツキー イスラエル
こちらが踊るのはアラビアのベリーダンス「Shick, Shack, Shock」衣装はロマンが白いシャツに赤いベストと黒いズボン、アレクサンドラが赤いビキニのトップスに赤のロングパンツです。いかにもアラビアの衣装という感じ。
氷上のベリーダンスを見るのは妙な気分でしたが、楽しくて面白いダンスでした。トウィズルが若干荒かったかなという気もしますが。
コーチにガリト・チャイトの名が表示されていました。今シーズン戻ってくるかもといわれていたんですが、その気はないのかな。

キンバリー・ナヴァーロ/ブレント・ボーメントレ アメリカ
こちらはアフリカの音楽「Ijuba」を選択。衣装もそれに合わせて茶の民族風です(ターザンルックに見えなくもない)二人とも顔にフェイスペイントまでしています。
独特なリズムに乗せてしっかり踊ってくれました。良く動いていて申し分ありません。

メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト アメリカ
選んだのはロシアの民族音楽「Kalinka」衣装はホワイトが赤い上着と黒のズボン、黒の帽子でちょっと軍人っぽい感じ。デイヴィスが白い襟と袖のついた赤と青のプリンセスラインドレスで、片手に黄色いハンカチを持っています(持っているというより、指に留めてありました)
二人とも昨シーズンと比べると、ちょっと大人っぽくなったかなと感じました。とはいえ、やっぱり可愛いですが。全体としては演技がスピーディーで良かったです。凄い飛ばすんですよね。ただ、最後のリフトのレベルが低いらしいです。

クリスティン・フレイザー/イゴール・ルカニン アゼルバイジャン
曲はロシアの音楽「Shatritsa」衣装はルカニンが赤紫のシャツに黒いベストとズボン、フレイザーが紫の華やかなドレス。フレイザー髪型変わりましたね。ドレスと相まってとってもゴージャスで華やかでいい感じ。モロゾフの趣味と見た。
スピンは綺麗だったんですが、ステップ中にちょっとルカニンが乱れたように見えました(気のせいかもしれませんが)
スコアは先に滑ったデヴィホワに抜かれました。

フェデリカ・ファイエラ/マッシモ・スカリ イタリア
イタリアの民族音楽「Lu Rusciu de lu Mare」と「Santu Poulo」を選択。衣装はスカリが白いフリルのシャツに黒いベストとズボン、ファイエラが黒と赤の入った白いドレスです。
明るい音楽にあわせて楽しそうに滑ってくれました。全体としてやはりスピードがあってよかったです。途中のスピンは普通は女性がキャメルになるのですが、男性がキャメルになるので変わっているといわれていました。ここはやっぱり男女同格らしい。

ナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルザ フランス
今シーズンもペシャラさんは茶髪です(個人的にはブロンドの方が好き)選択したのはスペインのフラメンコ音楽。衣装はブルザが赤いシャツに赤紫のベストとズボン、ペシャラがフリルのいっぱい入った赤のロングドレスです。
うーん、動きがとっても軽やかですね。リフトに入った時、ペシャラが胸元から赤い扇子を取り出してぱっと開くのですが、これもフラメンコっぽくてよかったです。何だか水を得た魚みたいでした。素晴らしい。

タニス・ベルビン/ベンジャミン・アゴスト アメリカ
アメリカのカントリーとブルーグラスを選曲。衣装はアゴストが青いチェックのシャツと茶のオーバーオールに茶の帽子の農夫ルック(似合いすぎてて笑いが……)ベルビンが赤に青を重ねたカントリードレスで、ストレートの髪を一つに束ねています。
最初は帽子を構う動作から入っていました。ダンスの最中にも帽子を上手に使って、最後まで楽しませる演技を見せてくれましたね。最後は帽子はベルビンが被ってフィニッシュ。もちろん、基本的なステップやスピン、リフトはどれもしっかりこなした上でです。
キスクラでも帽子を振っていました。

結果はベルビン/アゴストが1位、ペシャラ/ブルザが2位、ファイエラ/スカリが3位、デイヴィス/ホワイトが4位、フレイザー/ルカニンが5位です。




フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/794
この記事に対するトラックバック