欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ヒーローズ | main | アグリー・ベティ 家族のきずな >>

中国杯 女子フリー&男子フリー

JUGEMテーマ:スポーツ


中国杯は転倒者続出でしたね……氷の状態が悪いのか、リンクに呪いがかかっているのか。

<女子フリー>
フィンランドのポイキオがカットされてがっくり。見たかったんだけどなあ彼女のフリー。

村主章枝 日本
曲は「Tango Oblivion」衣装は日米対抗と同じ黒のボレロとスカートに手袋。赤いバラがついています。
すごく丁寧に滑っていましたね。ジャンプが二つばかりダブルになりましたが、些細なミスでしょう。終盤のストレートステップ、身体がよく動いてましたね。滑り終えてほっとした表情を見せてくれてこっちも安堵しました。

ダン・ファン 中国
白いぼかしの入った水色の衣装。曲は「海の上のピアニスト」彼女は昨シーズンもこれじゃなかったっけ。
序盤のルッツがとても高くてよかったです。ですが体力配分を間違えたらしく、終盤の方ではバテた感じでした。演技後は落ち込んだ表情。

ビアトリサ・リャン アメリカ
映ってるかどうかちょっと不安でした。とはいえ、日米対抗にも来たわけだし、知名度低くはないのかな。衣装は袖のない黒のドレス。曲は「黄河ピアノ協奏曲」
今回は調子が狂ってしまったようです。最初のフリップは勢い良すぎて盛大にステップアウト。更にその後もジャンプで3度転倒します。厳しい。演技後は暗い表情でした。

アリッサ・シズニー アメリカ
曲はウェストサイドストーリー。衣装はピンクのラインの入った臙脂のドレスです。
こちらも転倒が多かったです。ジャンプが決まってくると、高いスコアが出るんですけどねえ……。4回も転倒しちゃったのは痛いなあ。スピンは本当に綺麗なんですけどね。演技後は暗い表情になってしまいましたが、途中では笑顔を見せていました。アメリカの選手の精神力はつくづく凄い。

ユリア・セベスチェン ハンガリー
曲はエドウィン・マートンのメドレー。衣装はひらひらした水色のドレス。やっぱり今年の髪型の方が可愛く見える。
最初の3連続ジャンプは見事なできばえだったんですが、その後のジャンプで彼女も2度ほど転倒してしまっていました。うーん、自爆大会か? これは。後ちょっと演技が固い気もします。

キム・ユナ 韓国
セパレートのピンクのドレス。曲はミュージカル「ミス・サイゴン」ベトナム戦争の話なんですが、音楽は中国っぽく聞こえます。「椿姫」が元ネタなんですよね。「RENT」で滑る選手も出てこないかなあ。
ジャンプが一つシングルになってしまいましたが、ミスはそれだけ。珍しく転倒せずに済んだのは、彼女と村主さんだけみたいですね。リンクの状態が悪いんじゃなかろうか、中国。

キャロライン・ジャン アメリカ
水色のドレスに「アヴェ・マリア」
最初のコンビは後ろのジャンプが高くて、今日も絶好調かな、と思っていたんですが、中盤で転倒してしまいました。どうもその時に足を痛めた? ように見えましたね。モチベーションが崩れたのか、後の方ではやや精彩を欠いていたように思います。

カロリーナ・コストナー イタリア
裾に白のぼかしの入った赤いドレス。曲は「Dumsky Trio 」です。
最初にフリップからの3−3コンビをやる予定だったわけですが、いきなり転倒です。それで集中が狂っちゃったんでしょうか。スパイラルでぐらついたり、スピンが妙だったりと気になるところが多かったです。次は頑張ってね。

というわけで、優勝はキム・ユナ。2位はジャン、3位はコストナー、4位は村主さん、5位はセベスチェンという結果に。村主さん大健闘です。

<男子フリー>
日本代表、柴田選手は映りませんでした。堂々の最下位ですから仕方ないかもしれませんが……でもテレ朝は、多分何も考えないで冒頭の2名を切ったんだと思います。だってフリーのスコアだけなら、2番滑走のミン・シューは6位で、総合でもチェンジャン・リーの上に来るわけだし。こーゆーところが嫌なんだよなあ。

チェンジャン・リー 中国
オレンジのラインの入った黒の上着とズボン……占いで今年のラッキーカラーは黒とオレンジとでも出たんでしょうか。曲は映画「セブンソード」
最初は大技の4−2コンビを決めたものの、その後2度の転倒やお手つきといったジャンプミスが連発。結果、スコアが伸びませんでした。うーむ。

ジャマール・オスマン スイス
昨シーズンと同じ玉虫色の衣装です。曲は「ルナティコ」
一つジャンプがダブルになってしまいましたが、他はとくにミスはなかったです。スピンはやっぱり綺麗ですね。今年もドーナツが入っています。ですが全体的にあまりスコアが伸びませんでした。

カレル・ゼレンカ イタリア
アメリカ杯では映らなかったゼレンカ選手。衣装は青いシャツに白いネクタイ、黒のズボン。曲は「トゥルーマン・ショー」です。
最初のアクセルはダブルにしていましたね。他にもフリップがダブルになったりしていましたが、他には目立ったミスはなく、最後まで頑張って滑りきりました。演技後も納得の行く表情。KCで隣に座ったお父さんも嬉しそうでした。

ジャーリャン・ウー 中国
曲はドヴォルザークの「新世界」衣装はフリルのついた白いシャツに、黒のズボンとベスト。あの頭はどーやってセットしているのかなあ?
地元ということで奮起したっぽいです。最初にコンビが3つ入っているプログラムなのですが、それはどれも問題なし。ですがどうも前半飛ばしすぎたらしく、後半はかなりバテてしまった感じでした。明らかにスピードが遅くなっていたし、アクセルはパンクしちゃってたし……。
今回、中盤のスピンでホックが外れて直すアクシデントがあったんですが、解説には「ホックが外れたんでみんな止まっちゃったんですかね」と言われていました。あの〜……。

アレクサンドル・ウスペンスキー ロシア
黒地に金のラインの入った衣装。かっこいいです。曲は「トゥーランドット」
最初に大技4回転に挑みました、ステップアウトしちゃったけど決まったようです。ステップアウトがやや多く、解説でも指摘されていましたが、他は問題なかったです。
ロシア、若手は多いしみんなそれなりのレベルはクリアしてるんだけど、今のところ、誰が伸びてくるのかはわかんないのよね。

ショーン・ソーヤー カナダ
ダークブルーの衣装。曲は「Moment In Love」です。
珍しくスピンコンビから入りました。結構面白いプログラムかも。SPで見せた珍しい形のスピンもあり。ですがジャンプで2度転倒してしまいました。全体としてジャンプの質があまりよくなかったです。スピンとかがいいだけに勿体無いなあ。
カナダ、男子選手は豊富なんですよね。ダンスやペアのいい選手もいるし……カナダ選手権も放映してくんないかな。

セルゲイ・ダヴィドフ ベラルーシ
曲は「ジーザス・クライスト・スーパースター」あの髭はこのプログラムの為だったんでしょうか。衣装は濃いピンクの襟とカフスに、金の模様が入った派手なシャツと黒いズボン。なんか凄い配色な気が……。
なかなか見ごたえのあるプログラムでしたが、彼も全体としてジャンプの質があまり良くなかったです。やっぱり氷の状態が悪いっぽいですね。それともリンクの呪いか? ステップは良く動いてくれてよかったんですが、途中でちょっとよろめいていました。

ステファン・ランビエール スイス
3月の世界選手権と同じ「Poeta」のプログラム。衣装も黒に赤いラインの入ったフラメンコのものです。
えーと、最初の3ループでいきなり手をつきました。かなり変なミスです。そして次のフリップでは転倒。コンビはなんとか決まりましたが、どうも全体として動きが変です。いつものランビのスケートじゃありませんでした。
その後調子が戻ることはなく、更に2度転倒してしまいました。スピンだけはどれも凄く良かったんですけどね……締めにはあの「超高速スピン」を披露してくれましたし。あれはやっぱり見ごたえあるわ。
解説では「靴が新品に見える。壊れたか何かで、慣らしていない新しい靴を履く羽目になったのでは」と推測されていました。KCでは凄い落ち込みの表情……ランビエール。ロシア杯では頑張ってね。

ジョニー・ウィアー アメリカ
曲は「Love is War」衣装は肩が大きく露出した(つっても実際は肌色の生地がありますが)白と黒の半々のトップに、ボトムが黒というもの。凄く変わった衣装です。
いやー、素晴らしかったです。なんとこのミスの多い中国杯を、ノーミスで滑りきってみせてくれました。クワドはありませんでしたが、どのジャンプも綺麗で申し分ありません。中盤の3F−2Tのコンビなんて、観客からため息が漏れてました。加えて繊細で綺麗なスケーティング。言うことないです。
KCでも満面の笑顔。全米の時の号泣を憶えているせいもあって、なんか本当に「良かったね」と思ってしまいました。
で、実況は「後に控えるランビエールにも」とか、またボケをかましていました。だからランビはさっき滑って、これから滑るのはライサだって! この実況ライサに何か恨みでもあるんでしょうか。

エヴァン・ライサチェク アメリカ
スケートアメリカの時と同じ、白いシャツに黒いズボンですが、胸元に赤い布地が見えますね。曲は「トスカ」
最初に大技の四回転に挑みましたが、ここで転倒。うーん、気負いすぎたか? それとも「北米大陸を離れるとライサチェクは弱体化する」という伝説は真実だったのか? とはいえ、攻める気持ちのスケートは評価したいところです。
ちょっと気になるところはありましたが、凄い気迫で最後まで滑りきってくれました。この辺りはさすがの貫禄です。アメリカの選手は、つくづくこういう精神力において優れているなと思います。
良く頑張りましたが、スコアは先に滑ったウィアーには及びませんでした。すぐ席を立っちゃいましたね、ライサ。

というわけでウィアーが逆転のライサのお株を破って優勝。2位はライサ、3位はランビ、4位はダヴィド負で、5位はウスペンスキーという結果になりました。

ライサチェクは銀2個で26ポイントを獲得。これでファイナルには出場できるかな?

フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/789
この記事に対するトラックバック