欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< デスパレートな妻たち 甘いワナ | main | 中国杯 男子SP >>

中国杯 女子SP

JUGEMテーマ:スポーツ


なんだかショックなスタートになってしまった中国杯です。ちなみに地上波では、たった一時間(SPとフリーごた混ぜで女子のみっぽいな。テレ朝はもう少し、何をどんな風に放映するのか具体的に書いてほしいです。何の為にサイトがあるんですか?)フィギュアはかなり高い視聴率を稼いでいる筈なのに、ひっどい扱いです。

さて、BSで放映された女子SPですが、BS用ということで、無駄な煽り一切なし、選手は全部放映、うっとうしいインタビューもなく、何よりMで始まるあの喋る粗大ゴミ(暴言失礼)がいないということで、かなり快適に見ることができました。映像と実況にちと問題がありましたが。

ユエレン・ワン 中国
中国のぴちぴちの16歳の選手です。まだ子供子供して可愛い。衣装は赤と白のだんだらっぽいドレス。曲は「Tango de los Exilados」です。
まだまだ未完成という感じですが、丁寧に滑っていて好感が持てました。ミスらしいミスもなく、ジャンプもどれも決めました。ただ、もうちょっとスピードが欲しかった気も。

ダン・ファン 中国
去年NHK杯に来ていましたね。衣装は黒→橙→灰→橙→黒の順にグラデになったワンショルダーのドレスです。曲は「シンドラーのリスト」
ジャンプがどれも冒頭ですが、コンビネーションでステップアウトが出ました。ラストのスピンコンビは安定にかなり欠けた感じ。とはいえ、お客さんの歓声は凄かったです。さすが地元。

アリーナ・マルティノワ ロシア
彼女もNHK杯n来ていましたね。衣装は赤のビキニドレス。うーん、去年の方が良かったなあ。曲は「Gadfly」ロシアから応援の人達が来ていたらしく、凄かったです。距離的に近いもんなあ。
最初のジャンプでいきなり転倒です。次のルッツも両足です。うーん、年齢を考えると狂いだす時期に来てしまったのかな。最後のスピンコンビは私の目にもはっきりわかるミスがありましたし。

ビンシュー・スー 中国
四大陸に来ていましたね。衣装は水色の長袖ドレス。曲は「アナスタシア」
フリップでの転倒がありましたが、他は概ねこなしていました。ただ何というか、全体的に食い足りないというか、物足りない感じが否めませんでした。表現力がもっとついてくるといいんですが。

ビートリサ・リャン アメリカ
彼女も昨年NHK杯に出ていました。衣装はワンショルダーの黒のパンツルック。曲は「魔法使いの弟子」
スピンから入りました。フリップがすっぽぬけた以外、ミスはなかったんですが演技後はかなり悔しそう。「何かを秘密にしている」という感じのプログラムで可愛いです。次は悔いのない演技を見せてね。

キャロライン・ジャン アメリカ
アメリカの選手が続きます。前と同じ黒の縁取りの白い衣装に、「スパニッシュジプシー」
シニア2戦目ということで落ち着いたのか、前より良くなっていたように感じました。最初から当たり前のように3−3コンビを飛んでいます。ルッツはエッジミスを指摘されていましたが……(私にはよくわからんのですが)
PBには及びませんでしたが、近いスコアが出ました。高いTCSに本人も大喜び。それにしても、減点はどこで? タイムオーバー?

アリッサ・シズニー アメリカ
曲はサン・サーンスの「白鳥」衣装は青い葉っぱ模様の飾りのついた白いドレス。とっても素敵なデザインです(去年のフリーのも良かったけど)
しょっぱなからルッツで転倒しました。そのせいか、次のコンビはものすごーく慎重に飛んでいましたね(本当は最初がコンビで次は単独だったようです)
スピンやスパイラルは相変わらず綺麗なんですが、勿体ないですね。

カロリーナ・コストナー イタリア
衣装は紫のストライプのドレスです。曲はドアーズの「Riders of the Storm」
ちょっとおどろおどろしい雰囲気の曲ですね。ジャンプのバランスが悪かったですが持ちこたえました。あまり好みのタイプの曲ではないですが、なかなかいいプログラムかも。

村主章枝 日本
曲はジャズの「Take Five」CMでおなじみの曲です。衣装はそれにあわせてか黒のタキシード。
うーん、いきなりコンビのルッツがステップアウトです。続くフリップもパンクしてしまいました。それ以外ではミスはなかったんですが、どうも全体として滑り込みが足りてないという印象です。逆を言えば、そこを直せばかなりののびしろが期待できるんじゃという気がしますが。村主さん向きのプログラムだと思うし……。
村主さんも3−3のコンビを練習中だそうですが、そのせいでジャンプの感覚が狂って来ているのでは? という気がしてしまいました。最近女子は3−3を飛べる選手の争いになってきてるからなあ……。
ところで演技中に、カメラがすっごい変なとこ映していました。嫌がらせと誤解したくなるから、やめれ。

スザンナ・ポイキオ フィンランド
背中が大きく抜けたドレスは、紫の上に黒のレースが被せてあります。曲はフラメンコ。
珍しい選曲だなあと思いましたが、フラメンコと言っても激しいタイプではないんですね。とはいえ、ちょっとイメチェンかも。
相変わらずスケーティングの滑らかさでは群を抜いています。ですが例によってジャンプが抜けてダブルになってしまいました。残念。

ユリア・セベスチェン ハンガリー
明るい緑のドレス。髪型ちょっと変わりました? 昨シーズンより可愛い感じがします。曲はシューベルトのセレナーデ。
フリップは高かったんですが、ルッツがちょっと回転足りてなかったようです。とはいえ、なかなかの演技を披露してくれました。

キム・ユナ 韓国
銀のラインの水色のドレス。曲はオペレッタ「こうもり」です。
3−3のコンビを予定していたのですが、3−1になってしまいました。世界選手権の時の真央ちゃんを思い出します。次のルッツはお手本映像にしたいぐらい綺麗なルッツで、見ているこっちが感動しました。
残りの要素もどれも問題はなかったし、LBスピンの後なんて本当に可愛かったんですが、演技後はすぐに渋い表情になってしまいました。よっぽど悔しかったんですね。

SPの結果は1位がコストナー、2位がジャン、3位がユナで、4位がセベスチェン、5位がシズニーです。
得点を見る限り、優勝は上位3名のうちの誰か、ということになりそうですね。去年この大会はセベスチェンが優勝していますが、去年は今年と違って、3−3を飛べる選手がいなかったからなあ……。
個人的に優勝はユナかジャンかなあという気がします。
村主さんはSP11位と大分出遅れていますが、中盤はかなり団子になっているので、フリーを頑張れば大幅に順位をあげることは可能かと思われます。
フィギュアスケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/786
この記事に対するトラックバック