欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< デスパレートな妻たち 破壊の女神 | main | スケートカナダ 男子SP&女子SP >>

アッペルシュトゥルーデル 

JUGEMテーマ:グルメ


子供の頃好きだった本に「大どろぼうホッツェンプロッツシリーズ」というのがあります。
ドイツの児童文学なんですが、外国の児童文学というのは美味しそうな食べ物の宝庫です。
この作品もその例に漏れず(この本でザワークラウトというものを知った私)いろいろと出てきますが、その中で興味を持ったのが「リンゴの包み焼き」こと「アッペル・シュトゥルーデル」
美味しそうだな〜と思いつつ忘れていたのですが、見つけたサイトに作り方が掲載されていました。

「ドイツ菓子*トルテの部屋」

アッペルシュトゥルーデル

というわけで作ってみたのですが、なんといっても現物を見たことも食べたこともないので試行錯誤。何とかそれっぽいものができましたが、生地を薄く薄く伸ばーす、というのができず悲惨な結果に。
このお菓子を上手に作るには、熟練の技が必要そうです。

おまけ。
リンゴのタルト

用意したフィリングを半分以上余らせてしまったので、それを詰め込んだリンゴのタルト。残り物のフィリングに卵と牛乳と生クリームで作ったアパレイユを混ぜてあります。
スイーツ作成レポート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/777
この記事に対するトラックバック