欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 映画「モンスター」 本当に怖いのはどちら? | main | アメリカン・アイドル 7→6 >>

クローザー 「ネットに流された殺意」

下院議員ジェーン・シモンズ(演ずるのはファミリー・タイズに出ていたメレディス・バクスター)の娘カーラがレイプされ殺害されるという事件が起きました。シモンズは元検事で、警察とはつながりがあります。
表彰の最中のシモンズを訪ね娘の死を告げるブレンダ達。一気に奈落に突き落とされた母親は、事件の情報がほしいと言い出しました。
荒らされた現場からは、カーラのものではない血痕が見つかりました。十中八、九犯人のものです。また、カーラは最近恋人と別れたことが判明。そんなわけで元彼のブレットが呼び出されて尋問を受けることに。ブレンダはあまり偉くない人を装って彼と話をします。前にも書きましたが、こういう時彼女の容姿は便利ですね。やり手の捜査官よりもそこら辺の女性に見えるからな。
現場にあった血液はブリットのものとは一致せず、傷跡もありませんでした。ひとまず容疑者リストから外れるブリット。
一方で彼は、カーラには変な性癖があった、ヤクもやってたとか証言しだします。変な性癖ってなんやねん、とTVの前で突っ込む私。

ブレンダはカーラの家に戻ってもっかい捜査開始。容器の中から薬を発見します。そこに忍び寄る怪しい影。なんと目だし帽かぶった男が襲い掛かって来ました。どうもブレンダ、間違えられたようですが……年恰好で気づかないもんですかね? 同じブロンドなのがまずかったのかしら。
え〜、貞操の危機でございましたが、ブレンダは自力で男を撃退しました。……ああ、未遂で終わってくれて良かった。前に見たエド・マクベイン原作のドラマじゃあ、似たような状況になった女刑事がレイプされちゃってたからねえ……。遠慮はいらないのできっついお灸を据えてやってください。
掴まった男の名はアンドリュー。ところがこいつ、レイプは頼まれてやったことと言い出しました。ジョーンズという、いわば「出会い系」サイトに「レイプしてくれる殿方募集」という書き込みがあったというのです。頼まれたケースでないとやらないのだそうです。幾ら頼まれても別人をやったら犯罪ですよ。強姦未遂で当分はぶちこまれててください。「俺には妻も子も」とか言ってますが妻子がいるんだったらそもそも出会い系になんぞアクセスするな。多分この後、この人は奥さんから離婚を切り出されることでしょう。

ジョーンズにアクセスしてみると、案の定、問題の書き込みがありました。口にテープだの何だのはご指定だったそうです。そこから調査を始める殺人特捜犯ですが、ちょっと待った。まずは最初に被害者のPCを調べて、どの程度の頻度でアクセスしてるかや書き込みの記録なんかを調べるべきでしょう。
それにしてもこの手のサイトって、普通は会員制なんじゃないの? その辺りはっきりしなかったけど。

ここで母親の下院議員がクチバシを突っ込んで来ます。えーと、普通は被害者の家族というものは、ここで事情を教えてもらえないんですが……自分が元検事だということを利用しているのに、本人が気づかないというのはなんか見ていてあれだな。
ふっと思い出したのは、とある交通事故被害者遺族の話。娘さんが車にはねられ病院にかつぎこまれたのだそうですが、父親の職業が医者だと判明したとたん、病院側の態度が一変して娘さんへの扱いが変わったんだそうです。

ボロボロになっちゃったブレンダですが、そこへやってきたのはフリッツ。ちゃんと気遣いをみせてくれます。そしてその効果があったのか(?)その次の日には復活してました。まあ無理はしてるっぽいですが……。

ネットがかかわっているとくれば、次に必要なのはサーバー側の記録です。出会い系の本社に踏み込む殺人特捜班。向こうはデータを消してバックレようとしますが、すばやく取り押さえられて御用。データを押収(でいいんだろうかこの場合……)します。行きがけの駄賃とばかりに、サーバのデータはぶっ飛ばすブレンダ。まあいいか。
DNA鑑定で加害者は赤毛の白人男性(最近のDNA鑑定ってそんなことまでわかるんでしょうか)ということが判明し、その書き込みを見た男性を片っ端から調べる特捜班。ようやく、それっぽいのにたどり着きます。
容疑者ジェフリーの家を訪ねると、母親は「じゃ、犯人が掴まったのね」と言い出します。ジェフリーは顔に痣、胸に切り傷を作ってました。……叩けば埃が出る身体なのに、被害届けを出したのか? わからん奴だな。きっと母親に問い詰められて被害者を装っちゃったんでしょうね。
調べたところジェフリーが犯人でした。つーかクラスの連中もそんなことさせるなよ。
ジェフリーはレイプしたら反撃してきて、ランプで殴られてそれでつい殺してしまったと言います。

さて、ここでブレンダは話がおかしいことに気づきます。同意の上での「レイプごっこ」なら、ランプで殴る必要はない筈。で、まあ、ようやくPCの履歴を調べることに。
で、犯人は元彼のブレットでした。カーラを痛い目にあわせてやろうと思って、ネットにあの書き込みをしたんだそうです。まさか殺されるとは思ってなかった、ということですが、そんな話で済むかい。一度死んで来い。
しかしこれ、どの程度の犯罪になるんでしょう? 考えてみたんですがよくわかりません。直接手を下したわけではないとなると教唆ということになりますが……。

どうでもいいのですが、今回のエピソード見ていてドイツで起きた変な事件思い出しました。人を生きたまま食べたいと思った男性が「僕に食べられてくれる若い男性を募集します」と書き込んだところ、応募してきた人がいたとかいう奴です。それでその男性は本当にその人をバラして食べてしまったんだそうです。……世の中って怖い。

今週のプロペンザ刑事
ジョーンズへ踏み込む最中に、書き込み記録を嬉々として読み上げています。まあそれは想像ついたんですが、読み上げるのは何故か「M男」の書き込み……。もしかしてそっちの趣味なんですかあんた。
クローザー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/604
この記事に対するトラックバック
旅行で彼と一緒にウレシイ思い出
旅行で彼と一緒にウレシイ思い出 | 旅行で彼と一緒にウレシイ思い出 | 2010/11/14 1:09 AM