欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< のだめカンタービレ 第一話 | main | デスパレートな妻たち 仮面生活 >>

エイリアス 裏切り者に死を

Alias: Season Two [Original Television Soundtrack]
Alias: Season Two [Original Television Soundtrack]
Jeffrey [J.J.] Abrams, Michael Giacchino, Tim Simonec, Hollywood Studio Symphony

シーズン3フィナーレでございます。
CIAにやってくるシドニーですが、なんだか様子がおかしいです。普段ならもっと周りに話しかけるのに、黙りこくって何も言わないし。あちこちに物をバラまいています。おかしいな〜と思っていたら、案の定ローレンが化けていました。黙りこくっていたのは、声までは変えられないからのようです。
……ローン・ガンメンのイヴは声も変えてたけどな。遅れてないか、ローレン?
ローレンの目的はランバルディの方程式。マーシャルによれば後数時間で解明できそう、とのことでした。また、そこにあるのはランバルディそのものだというのです。まさか身体をコールドスリープで保存しているとか言いだすんじゃなかろうな。
ディクソンは子育ての先輩だからか、マーシャルの子供関連の話にも頷いています。マーシャルの話が脇道に逸れるのはいつものこと。
ローレンがダウンロード中にマーシャルが戻って来ます。マーシャルはミッチの画像の入った記録媒体を探しているとのこと。マッハGoGoのステッカー貼ってあるって……まあ、アメリカで一時期流行してたからなあ。マーシャルに聞いたらジャパニメの歴史とかだーっと語ってくれそうだ。
それにしてもマーシャル、突っ込むポイントが逸れてる気がする。おかげでローレンに撃たれてしまいました。ローレンどんどんなりふり構わなくなっていくなあ。逃げる為に一斉にしかけた爆薬(最初にばらまいていたのはこれ)爆破するし。おかげでCIAは大混乱です。
逃げるローレンを追うヴォーンですが、逃げられてしまいました。ですが待ち合わせ中のサークは捕獲に成功。それにしてもあっさりと捕まりましたね。てっきり何か悪巧みでもしてるかと思ったのに。
ところであんなゴムのマスクみたいなので、そっくりに変身できるもんだろうか。シドニーとローレンは丈も違ったと思うんだけど。
しかし段々メリッサ・ジョージが気の毒になってきたなあ。

おかげで取り調べを受ける羽目になるシドニー。ローレンが潜入する一時間後にはナディアの見舞いをしていたシドニーでしたが、その前のアリバイが困ったことにありません。でもシドニーの言うとおり、彼女だったら回りくどいことせずにマーシャルにずばっと訊くよな。
それにしてもマーシャルの容体が心配なんですが……。

ヴォーンとジャックはローレンの行方と処遇について、何やら不穏な会話を進行させます。当然、二人にはやってきたのがローレンであることもわかっています。逮捕されたら殺せなくなるって……そういう考えがナチュラルに出て来ることが怖いんですけど、私は。
サークの尋問を担当するヴォーン(奇しくもこの前とは逆のパターン)拷問は禁止とか言われていましたが、容赦なくボコボコにしています。相手がサークなのでこれまた、あまり同情する気が沸いてこないんですが……ノンストップ暴走状態のヴォーンが怖いです。誰か奴を止めてくれ。

シドニーはヴォーンの行動から、彼の目的を察知。ジャックにヴォーンに過去の自分を投影して、あれこれやらすのは止めてくれと言いに行きます。これはジャックの方が分が悪いかな。でもジャック、頑固だからなあ。

ヴォーンはサークから得た情報で、ローレンの居場所を突き止めます。ローレンはなんかアングラな香り漂うPCエキスパートに、方程式の解読を頼んでいました。方程式の画像をカメラに収めてから、ローレンを捕まえるヴォーン。
捕獲されてつるされるローレン……ヴォーン、それはこの前やられたことに対する仕返しですか? ローレンはこの後に及んで、ヴォーンに結婚生活は真実だったとか言い出しますが、以前のエピでヴォーンを堂々と殺そうとしてただけにかけらも説得力がありません。そしてこれらの言葉がどうやらヴォーンのリミッターを外してしまったらしく、ヴォーン激昂しまくり。怖い。
ところが、あ〜これはローレンも年貢の納め時かなあと思っていた瞬間、ヴォーンの背中に付き刺さるナイフ? 誰?(てっきりローレンママが助けに来たのかと思った……というか、あの人どこよ)

ずだぼろ(ヴォーンのせい)で牢に放り込まれているサーク。そこへ隣の牢へ、ローレンが入れられました。あれ、逃げたはずなのに……と思っていると、ローレンはサークに「何も心配しなくていい。母が弁護士を頼んだから」とか言い出します。え〜、ローレンはこんなことを言う人じゃないでしょ、と思っていたらシドニーの変装でした。目には目を、ということらしいです。CIAだと声もコピーできるとか。サークから聞き出したパスコードのニーチェの言葉、なんかムカつくのは私だけ?

CIAのセーフハウスで眠るナディアのところに、忍び寄る人影……誰かと思ったらスローンでした。まあ、サークもローレンもそれどころじゃないし。ナディアは当然怒りますが、スローンはランバルディの話を始めたりします。ジジイ元気だな。というかそいつはあんたの遺伝子の提供先かもしれないけど、ぼこっても私は怒りませんよ。

刺されたヴォーンでしたが、幸いみつかって病院に担ぎこまれました。取り調べ中のシドニー、ローレンを放ってはおけないと自分が追う決意を固めます。ジャックに頼んで偽のIDやらパスポートやらを用意して貰い、そのままイタリアへ向かってしまいました。ジャックパパはついていかなのね。それにしても、ジャックは本当にあっちこっちにコネがありますね。

病院で目覚めるヴォーン。肺が傷ついていたということでヤバい状態です。目覚めた時付き添っていたのはワイスでした。いい奴だ。ヴォーンはシドニーがイタリアへ向かった話しを聞くと、後を追うと言い出します。肺に穴が開いているのだから無理するなというワイスに、ヴォーンはこのままではシドニーがやられると言い出します。自分を刺したのはカチャ・デレフコだと。
……ということは、やっぱりローレンママ=エレーナだったりするんでしょうか。考えすぎかもしれませんが。
ワイスを人質に取って(ワイスの方も協力してるんじゃという気がしますが)逃走するヴォーン。ワイスをエレベーターに閉じ込めて自分だけ逃げたのは、ワイスにとばっちりが行かないようにする為……?(ヴォーンの暴走が凄まじすぎて疑問符挟まざるをえない)

シドニーはイタリアに到着。暗くなるのを待ちます。暗くなって行動を起こそうとしたところへ、やってきたのカチャ。シドニーはカチャに言われるままに銃を渡しますが、渡した銃には弾が入っていませんでした。最初から信用していなかったらしい。麻酔銃を撃ちこまれて、カチャはあっさり意識を失いました。
ランバルディのあるという場所で、今度はローレンとバトルに。ローレンはシドニーも自分も、ある人間の手の上で踊らされているだけだと言い出します。そしてシドニーの消えた2年間には、ある人間が深く関わっていると。自分は誰が操り手が知っているだけマシだとも。ローレンに追い詰められ、シドニー危機一髪! というところでヴォーンが駆け付けてきます。……早かったね。
ローレンはシドニーを盾にどうせ撃てまいと言いますが、ヴォーン撃ちました。ええそりゃもう容赦なく。何発も身体に穴を開けられて、縦穴の奥へ落下していくローレン。ですがその前に、銀行の貸し金庫の中を見ろと、意味深なことを言い残しました。
……さすがに死んだかな、これは。アリソンのケースもあるので断定はしづらいですが。

一方シドニー達がそんなことをやっているころ、ナディアはセーフハウスを抜け出しスローンの許へ行ってしまいました……。ランバルディの魅力に捕まったのか、それとも隙をついてスローンに何かする気なのか、どっちだろう。ちなみに方程式には嘘を意図的に紛れこませてあるので、今掘っている場所は出鱈目だそうです。……おいおい。
頼むから後になって「ちょっと慕っている振りをしたら、姉貴って種族はコロッと騙されるから楽勝よね」とか言い出すのは止めてね。

ローレンに言われた銀行へ向かうシドニー。彼女にかかれば銀行のセキュリティなんてちょちょいのちょいですな。中には真っ黒な書類が入っていました。……ブラックライトで読めということらしいです。
中に入っていたのは、シドニーを実験台にしたとおぼしき何かの記録……? しかもそれを施したのはジャック……? どういうこと? と思うとそこへジャックが。しかも「できれば知られたくなかった」って……。

ここで例によって幕切れです。シーズン4はいつですか?

エイリアス | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

こんばんは♪
バタバタ展開していきましたねー。
それぞれの思惑が全開って感じでした(笑)
ジャック、まだ何かあるようですね。
シドニー、また辛いことが待ってるのでしょうか…。

CIAの為、家族の為にがんばっているマーシャル!
次シーズンで、元気な姿を見たいです〜!
TBさせて頂きます。
suubi | 2006/10/20 10:24 PM
suubiさん、こんにちは。

今週も展開が早くて見るの大変だったです。もう誰と誰が繋がっていて、誰と誰が敵対しているのやら。
イリーナだけでなく、ジャックの家系にも秘密があったりして(笑)
でも、どんな辛いことでもシドニーなら乗り越えられそうな気もします。

マーシャルは次シーズンではぜひ、回復した姿を見たいですよね。時間が無かっただけなんでしょうが、撃たれてから全然映りませんでしたし。
Ric | 2006/10/21 12:31 AM
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
投資の入門 | 2014/05/17 12:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/346
この記事に対するトラックバック
『エイリアス』 シーズン3 第66話 “裏切り者に死を” とうとう、シーズン3最終話になってしまいました…。 今回はもう、なんというか、皆で騙し合いって感じ(笑) なので、展開を考えている暇がありませんでし
エイリアス シーズン3 第66話 | 海外ドラマにハマる! | 2006/10/20 10:24 PM