欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< デッド・ゾーン デジャ・ヴードゥー | main | 宣伝 無料動画レッスンサイト unself >>

アニメ映画 「時をかける少女」 待つ女の子から走る女の子へ

時をかける少女 〈新装版〉
時をかける少女 〈新装版〉
筒井 康隆

テアトル新宿時をかける少女を見に行って来ました。

「時をかける少女」は、ご存知の方も多いと思いますが、四十年前に筒井康隆が書いたジュヴナイル小説です。それが今から二十年ぐらい前に、原田知世が主演で映画化されています。また、これが初めてというわけではなく、原田知世版以前にはNHKのドラマシリーズがあり、以降も何度が映像化されています。

そんな昔の話が、アニメ映画になりました。ただしヒロインは原作や原田知世版の芳町和子ではなく、紺野真琴というオリジナルキャラ(和子の姪)になっています。

これで「え?」と思う人も多いと思います。実際、私も最初にアニメ化の話を聞いた時はそうでした。ところがこの映画、とてもよくできているのです。
和子は待つ女の子でした。彼女はタイムリープという能力に対して、常に受け身です。突発的に「巻き込まれる」しかなく、物語のラストでは、会えるかどうかわからない相手役のケンをずっと待ち続けます。
現代に時代をあわせて作られたこのアニメ版の真琴は、「待たない」女の子、「走る」女の子です。彼女はタイムリープに対して積極的ですし、自分の行きたい時間へ飛べます。決して優等生でもいい子でもないけれど、元気だけは有り余っています。そして、常に走っていますし、一直線に行動します。その結果、厄介なことになったりもしますが。そしてラストでは……ここは、まだ見ていない人の為に伏せましょう。ラストが気になったら、映画館へ行って下さい。

不思議な作品です。テーマは大きく変わっているのですが、それでもこれは、ある意味では「過去の作品に非常に忠実に作られた」「時をかける少女」なのです。原作や原田知世版を知らなくても一つの作品として確率しているので充分楽しめると思いますが、それらを知っているとそれはそれで楽しいのです。こんな映画は初めて見ました。

パワーと爽快感、明るい笑いと切ない涙が、90分という時間の中にぎゅっと凝縮されています。青春を過ぎた人には懐かしさを、その盛りにいる人にはシンパシーを感じさせてくれます。一人で行っても、友達で行っても、カップルで行ったとしても楽しめるでしょう。親子でも、小学校三年生以上ぐらいなら大丈夫じゃないでしょうか(これは私が原田知世版を見た年なのですが、当時普通に面白いと思いました)

残念なのは、この映画を上映している映画館が少ないことです。東京でも、テアトル新宿でしか上映されていません。上映館すらない県もあるようですし、上映されたとしても一週間だけ、というところもあるようです。たくさんの人に見てほしい映画なのに、この状況は悲しすぎます。
少しでも興味をもったら、ぜひ見に行って下さい。それだけの価値はあると思います。

財布と時間が許してくれたら、私もまた見に行きたいなあ……。

映画以外でもちょっと。

ガーネット
ガーネット
以前このCDについてプレスブログで書きましたが、あの記事訂正したいです。試聴なんかするより、映画館で聞くべきです! 歌詞が映画と見事に調和していて、聞いているだけで泣きそうになってしまいました。一緒に収録されている挿入歌も、同じくらい素晴らしいです。
そんなわけで、衝動買いしてしまいました。今かけています。

映画上映の前に流れた予告編で、同じ筒井康隆原作の「パプリカ」というアニメ映画の予告編が流れてました。これがなかなか面白そうなので、公開されたら見に行こうと思っています。
映画感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(5)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wfcsaya.jugem.jp/trackback/251
この記事に対するトラックバック
「時をかける少女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2006年/アニメ映画 *主なキャラクター(声優):紺野真琴(仲里依紗)、間宮千昭(石田卓也)、津田功介(板倉光隆)、芳山和子(原沙知絵)、藤谷果穂(谷村美月)、早川友梨(垣内彩未)、
「時をかける少女(2006/アニメ映画)」レビュー | 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/08/16 11:05 AM
時をかける少女 NOTEBOOK 2006年夏公開アニメ映画「時をかける少女」のガイドブック。感動の物語を、場面写真と監督のコラムで完全解説。紺野真琴役・仲里依紗撮り下ろしフォトストーリー、キャラクター設定、スタッフイ
【Amazon】時をかける少女 NOTEBOOK【アマゾン】 | オススメ。新作・予約・話題本の通販販売 | 2006/08/21 11:35 AM
行って来ましたよ、この夏評価ナンバーワンの話題作、時をかける少女この映画のように都会の青空の下ですよ、テアトル梅田という小さな映画館(まだまだ満席)での限定上映に、朝眠気まなこで観てきました(笑)
「時をかける少女」★★★☆オススメ 細田守 監督、2006年 実写版のストーリーを念頭に見はじめたので、 途中で混乱した。 話を現代に置き換えただけでなく ストーリーはほぼ別物だった。 主人公の溌剌とした感じや、 高校の頃の貴重なムダ使いの毎日
 待ってられない未来がある。 劇場版アニメーション 時をかける少女監督:細田守出演者:仲里依紗、 石田卓也、 板倉光隆、 松田洋治、 原沙知絵収録時間:98分レンタル開始日:2007-04-20Story筒井康隆原作のSF青春小説を細田守監督がア