欧米文化に浸かってます

好きな海外作品のことや、スイーツ作りのことなどを。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Nip/Tuck クエンティン・コスタ

NIP/TUCK -マイアミ整形外科医- (ファースト・シーズン) コレクターズ・ボックス
NIP/TUCK -マイアミ整形外科医- (ファースト・シーズン) コレクターズ・ボックス
ディラン・ウォルシュ

長い間「DVDは?」と言われ続けていたNip/Tuckですが、ようやくDVDが出るようです。

さて、今回はシーズン3最終話。グロな要素が相変わらずてんこ盛りで眩暈がしそうになりました。「更に過激に」なフレーズだけは、本当に間違っちゃいないよなあ……。正直今週は詰め込まれすぎで話の中身を理解するのに苦労しましたが。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck チェリー・ペック

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

クリニックに、以前マットがぼこぼこにしたMtFのチェリー・ペックがやってきました。彼女はぼこられた経緯を話し、一応手術はしたけれど藪だったので顔がめちゃくちゃになってしまったと語ります。治療は可能、費用が無いのなら長期ローンをというショーンに、チェリーは無償でやってくれといいます。自分をぼこったのはマットなのだからと。
この言葉にキレるショーン。自分の息子を仕返しに袋叩きにしたのだから、もう仕返しは済んでいると怒ります。警察でもどこへでも行け、というショーンに引き下がるチェリーでした。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck ジョイ・クリングル

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

今週はクリスマスエピソード。そのせいか、今週の冒頭でやってきたのはサンタを生業(って成り立つんでしょうか? クリスマスシーズンしか仕事無いんじゃあ……)をしている夫婦でした。
そういやシックス・フィーと・アンダーでも、サンタがクリスマスに死体になる回がありましたね。
ちなみにサンタ役はクローザーのプロペンザ役でもあり、ポリスアカデミーのハリス役でもあるG・W・ベイリーでした。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck サル・ペリー

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

ジュリアのスパに母親のエリカがやってきます。エリカに認められたいジュリアはあれこれ頑張りますが、エリカから帰って来たのは例によって否定的なお言葉でした。自分が母親としてダメダメだということは理解してんのかな、エリカは。なんかしてなさそうな気がするんですが。
ジュリア、結局キレて母親を追い出してしまいます。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck アビー・メイズ

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

結婚式場からキンバーがいなくなってしまったことで、クリスチャンは荒れ気味。逃げたんだと頭から信じて疑わないようですが、連れ去られた可能性が全然無いあたりでちょっとどうかと思います。実は逃げてくれてほっとしてるんじゃないのかね、君は。控え室でジュリアとキスしたりしてたもんな。

一方でマットの高校のユダヤ人生徒のロッカーに鉤十字が書き込まれるという事件が起こり、刑事が捜査にやってきます。ショーンは否定しますが多分マットを疑ってますね。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck マディソン・バーグ

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

クリニックにマディソン・バーグというユダヤ系の女の子が、お母さんに連れられてやってきます。母親は娘の鼻を整形したいとのこと。自分も鼻を整形したから幸せな結婚ができたと言います。そういうもんかね。さっぱりわからん。
マディソンは最初気が進みませんでしたが、同じ高校の先輩が整形を受けていることを知って自分も整形すると言い出します。みんながやってるから自分も、て考え方はどんなもんだか。
ジュリアのスパとの提携サービスをやっていることが今回判明しました。

ところで最近弟と昔のTVの話になった時、同窓会というドラマのことを弟が話してくれたのですが、その中に女だと思ってニューハーフをナンパし、違うと知って逆ギレ。そしてその人をボコボコにしたら、翌日仲間で襲ってきて集団レイプされてしまうというシーンがあるんだそうです。
あれ……どっかで見たようなシーンですね。

続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck ハンナ・テデスコ

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

今週クリニックを訪ねて来たのは、アリーとイラーナという二人の母親でした。アリーの娘のハンナは遊園地の遊具に髪を巻き込まれ、顔の皮膚が剥がれてしまったのだそうです。エグイ……。
一方のイラーナの娘のリサはI型糖尿病で脳死状態。イラーナは娘を尊厳死させることを決意し、その際に娘の顔を親しくなったアリーの娘に提供したいとのことでした。
顔面全体の移植は世界でも成功例が無いと言うクリスチャンに、二人は自分達なりに調べたデータを見せます。リサはハンナのドナーとして理想的だとも。

余談ですがイラーナ役の女優さんは、L.A.ローにずっとレギュラーで出ていた人だそうです。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

Nip/Tuck トミー・ボルトン

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

ショーンがいなくなってしまったクリニックに(ちなみに名前はトロイ/コスタに変更されたようです)新しい患者がやってきました。ダウン症の男性、トミー・ボルトンとその両親です。トミーの望みは家族との血の繋がりの感じられる顔になること。彼は陽気で明るく無邪気な男性で、陸上で貰ったメダルを自慢気にクリスチャンに見せました。
クエンティンは希望する手術には六万ドル近くかかると見積もります。クリスチャンは値引きしてやろうと言いますが、クエンティンは認めません。ショーンがいなくなったせいで、クリスチャンは色々考えなくてはならなくなったようです。




続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Nip/Tuck ベン・ホワイト

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

なんか、どんどんグロさの加減が増してませんか、このドラマ? 今週もとにかくグロかったです。見ていてちょっと気分が悪くなりました。

ショーンが今週一緒に仕事をしていたサガモア医師は、デス妻のディアドラパパ役の人ですね。こっちはまともな役だな。
担当される患者、ニコールを演じていたのは「ボルケーノ」などに出ていたアン・ヘッシュ。アカデミーの司会をやっていたエレン・デジェネレスの元カノです。かつては一緒に映画撮ったりしてたんですが。金髪じゃなかったので最初気づきませんでした。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Nip/Tuck フランケンローラ

Nip/Tuck
Nip/Tuck
Various Artists

今週はキットの手術から始まるのかと思っていたら、綺麗にスルーされちゃっててちょっと唖然としました。今週はカーヴァーはお休みのようです。代わりに別の人物が登場しましたが……。

葬儀屋から依頼されるショーンとクリスチャン。そこで見せられたのは、片腕の無い遺体でした。「鮫にでも襲われたのか?」と尋ねると、違います、という返事が(鮫ならもっと切り口ギザギザになるだろ、そもそも)
連れて行かれる奥の部屋、そこには女性の死体のパッチワークが横たわっていました。うう、グロい。過激さがどんどん増して行くなあこのドラマ……。
続きを読む >>
Nip/Tuck | permalink | comments(0) | trackbacks(0)